不動産の買取

不動産の買取に関してのポイントについて紹介したいと思います。自分の所有する不動産を売るには不動産会社が仲介をするという形で、不動産の買い手を探してもらうということも多いとおもいますが、仲介ではなく不動産売買業者に売ってしまう手もあります。この方式ですと、不動産の買取額は会社によって買取価格にはかなり開きがあったりしますので、その不動産会社で買取価格の見積もり査定について正式な見積もりを取っておくことが必要かと思います。

 

不動産買い取りをしてもらう際のポイントとしては提出された見積もりが思ったよりも安い時は、一旦保留して、他の不動産業者にも査定を依頼してもいいですし、あらかじめ数軒の不動産会社に査定を依頼しておいて比較をするというのもいいかもしれません。不動産会社によっては、まずは物件の仲介をする形で広告を出して、買い手がなかなかつかないような物件を不動産会社で買取をすることを考えるといった場合もあるようです。

 

しかし、現実問題として不動産業者は仲介手数料だけもらうより、買取りして転売した方が利益を得られるので、実際には、買い手を見つけることはできたとしても、買い手がつかなかったために不動産会社で買取りするように持ち込んで売れないからと安く買いたたいて転売して儲けようとするような悪いうわさもあったりしますので、やはり複数社を比較しなければいけません。